CFPを取得して独立・開業

専門学校が推奨するCFPの取得

一般に、専門学校等で「FP2級で独立、開業できるか?」と相談すると、CFPまでの取得を薦められるケースが多い印象を受けます。

 

FP2級の数が増え続けている実情からすると、FP2級を取得したレベルでの相談業務だけでは年間収入は頭打ちと推測されますから、当然のアドバイスと言えるでしょう。

 

FP登録者数の現状

日本FP協会登録者の現状は、以下のとおりです。

 

  • AFP登録者:約15万5000人(平成26年3月現在)(*1)
  • CFP登録者:約2万人(平成26年3月現在)(*1)

*1・・・ 日本全国での登録数

 

このようにCFPは資格登録者がAFPに比べると大幅に少ないため、専門学校等でのアドバイスは納得できます。FP2級(AFP)との差別化のために取得するのは一つの方法です。

 

豆知識


CFPは、資格更新に必要な単位数は30単位以上でAFP(15単位以上)より多くなります。当然ですが、単位取得の費用もAFPよりかかります。AFPよりCFPの方が専門性の高い知識が要求されるのですからこれは当然です。ただ、セミナー講師や執筆などが単位とみなされるため、実務がFP業務であれば単位取得の負担はAFPとさほど変わりません。

CFPの取得以外で独立・開業

分野を特化したFP2級(AFP)合格者に注目!

近年、得意分野に特化したFP2級(AFP)の活躍が目立ってきています。

 

例えば新聞、セミナーでは次の分野にて「住宅ローンアドバイザー」「金融ジャーナリスト」などの肩書で見かけることが増えています。

  • 住宅ローン
  • 資産運用
  • 年金

FP2級、AFPで独立・開業する主なパターンまとめ

以上のことを踏まえ、FP2級(AFP)で独立・開業にあたっては次の方法が考えられます。

  1. CFPを取得する。
  2. CFP並みの知識を勉強・習得し、AFPと他資格(宅建、行政書士など)を組み合わせる。⇒FP2級と行政書士、宅建等のダブルライセンスで稼ぐ!
  3. 特定分野でCFP並みの知識を習得し、AFPで活躍する。⇒FP2級で独立・起業!士業情報をWEBコンテンツで提供し稼ぐ!

 

各方法それぞれの良さがあります。今後、それぞれの方法について順次記載していきます。

 

ご参考になれば幸いです。

FP2級、AFPで独立、開業するために!記事一覧

この記事は次の方に贈ります。FP資格で独立を検討中の方FPの年収が気になる方独立後の働き方が気になる方目次1. FPで独立した場合の年間収入は?2. サラリーマンの年収を超えることは決して夢ではない!3. 副業FPとしてスタートする。

資格を取得して独立、開業というのはサラリーマンにとっては夢の一つではないでしょうか。士業の一つであるFP2級技能士の資格を取得したい方にも、いずれもしくはすぐに独立、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。FP2級単独資格での独立は可能?2006年の春頃、各大手専門学校に独立に関する問い合わせをしたり、実務家FPの先生に質問してみたことがあります。そのときの回答は2000年前半ぐらいまではFP2...

FP資格の合格者自身が情報コンテンツFP資格の勉強をしていると、勉強してすぐに役に立つ知識や情報が多いと気付きます。資格合格後も研修やテストという形で新しい知識や情報を蓄積、または更新していくことで自分の中に深みと広がりが構成されていきます。こうした過程では、普段のニュースや新聞からも自分自身の感性で抽出できる情報が多くなるはずです。自分が得た数々の情報をわかりやすく整理し直してネット上で公開する...

この記事は次のような方に贈ります。FP2級が転職や再就職に役立つのか、疑問のある方FPでの独立に不安のある方FPで独立する前に修行を積みたい方目次1. FPが求められる背景の変化2. 100歳人生のサポート役が新たなFPの役目3. 転職、再就職後に独立する方法も・・・。4. ケース別のFP需要

この記事は以下の方に贈ります。FPの専門分野を増やしたい方学生の進学支援をしたい方目次1. スカラシップアドバイザーとは?2. スカラシップアドバイザーが必要とされる背景3. FPがスカラシップアドバイザーを要請される理由4. スカラシップアドバイザーになるには?