ファイナンシャルプランナー(FP2級)合格への勉強法

合格するための勉強法とは?

合格のための勉強法としては次の三つの方法が代表的なものになります。

  1. 完全独学
  2. 通信講座で自宅学習
  3. 学校への通学

引用:TOPページ「4. 一発合格する勉強法の選択」

 

合格への道のり

上記いずれかの方法を選んだとしても、重要になるのは以下の2点です。

  • スケジュール管理
  • 効率的な記憶と理解

 

具体的には以下のページを参考にしてみてください。

  1. 失敗しないスケジュール管理!資格試験に不合格にならない鍵
  2. すき間時間の有効利用!五感のフル活用で記憶を効率化

 

完全独学を選択した場合の勉強法

比較的記憶力に自信があって、4〜6ヶ月の間に一日3〜4時間確保できるなら、完全独学でも合格の可能性が高まります。

 

可能性が高まる」と書いたのは、誰にでも当てはまるわけではないからです。

 

TOPページ「6. 各学習方法のメリット・デメリット」の「6-1. 完全独学」でも書きましたが、「3級に合格している」「一人学習に耐えられる」などの条件をクリアできるのが前提になります。

 

具体的な方法

一般に資格試験では過去の試験問題(過去問)をやれば合格できると言われますが、これは2級FPにもある程度当てはまります。

 

具体的には以下のとおりです。

直近の過去3回分の試験問題を用意する。
1回分の過去問を最低でも3回はこなす。

 

単に1回解くだけ、そして回答の丸暗記だけというのはダメです。

 

最低でも3回はこなす必要があるでしょう。これで問題の出題傾向を自分で把握することができます。

 

過去問の回答とその解説を読んで理解できるか、できない場合はテキストや参考書などを自分で用意して理解に導けるかも重要なポイントです。

 

回答の丸暗記だけだと、学科試験(マーク式)は、特に苦戦することになるでしょう。

 

 

「なんだ、過去問か・・・」と思われるかもしれません。でも、全部で過去問3つ×3回=9回こなすことになります。

 

理解しながら9回こなすのは、なかなか大変です。すき間時間をうまく使うことが大切になりますので、以下のページを参考にしてみてください♪

 

すき間時間の有効利用!五感のフル活用で記憶を効率化


FP技能士2級(ファイナンシャルプランナー)に一発合格する勉強方法記事一覧

ファイナンシャルプランナー(FP)資格に限らず、資格試験合格の鍵は知識の記憶だけではありません。記憶の他に与えられた条件で回答を導いたり、考察した力も試されます。そして十分な力を発揮するためには、試験の日までに自分がやってきたことに満足し自信を持って臨むことも大切です。そのために、勉強スケジュールの管理は大切な要素です。このページでお伝えしたい5項目1. スケジュール管理は自信を育てる2. 必要な...

FP2級(ファイナンシャルプランナー)の試験は3級に比べると、やはり一発合格のハードルは高くなります。特にFPの分野に関連性のないお仕事の方、主婦、学生の方にとって最初は、なじみのない用語にとまどうかもしれません。とにかく業界用語に早く慣れる意味でも、あらゆる時間を勉強に使うことを心がけたいですね♪1-1. すき間時間を積極的に使おう!試験までの時間は有限です。勉強のためのまとまった時間というのは...

FP2級を独学で勉強していると、どうしようもなく自信を失ってしまって孤独な気分になる場合があります。勉強が順調に進んでいる場合はそうでもありませんが、「なかなか理解できない」、「記憶できない」といったことがきっかけになりやすいですね。そして、この「・・・できない」のスパイラルにはまると、ご自分のダークサイドに落ちてしまい、自信喪失状態になってしまいます。すでにFP関連の仕事をしているなら・・・・取...