家計の見直しに保険ショップ!効率よく利用するには?

FP 保険相談

 

最近は、複数の保険会社を扱う「保険ショップ」に人気が集まっています。

 

たくさんの会社や商品の中から、選べる保険ショップはとても便利ですね。

 

ただ、何も知らず、そして何も準備せずにいきなりショップを訪れてしまうと、無駄な時間と労力を使うことになるかもしれません。

 

特にCMで知名度の高いショップは、予約していないと相談を受け付けてもらえないことも。。。

 

今回は、保険ショップを利用した体験から、当サイトが考える上手な使い方をお伝えします。

 

1.保険ショップで相談する前に、目的を具体化しておく

保険ショップは、なにかしらの保険に加入、もしくは見直しを考えているときに利用すると思います。

 

保険は仕組みがわかりづらい面がありますから、専門家に相談するのが安心で効率がよいかもしれません。

 

ただ、なんの準備もなく訪れてしまうことはなるべく避けましょう。

 

担当者からの説明を漠然と聞いてしまいがちだからです。

 

  • 気が付くと予定の時間が来てしまい、結局何を求めに来たのかがわからなかった・・・
  • 余計な保険にはいってしまった・・・

上の例のような後味の悪い相談になってしまうと、時間と相談費用がもったいないですね。

 

せっかく訪れるのですから、なるべく訪れる目的を具体化していきましょう。

 

学校の授業の予習みたいなイメージですね。

 

 

目的の具体例は、次のような感じです。

  • 自分は何のために保険を検討するつもりなのか?
  • 自分に足りていない保険はどんなタイプか?

 

加入中の保険が現在の状況に合っているのか、相談したい!

 

というのであれば、「保険の見直し」が目的になります。

 

加入中の保険証券は必ず持参しましょう。

 

参考

保険ショップでは、まず最初に保険ショップの担当者から個人情報の扱いや保険ショップについての話をされます。

 

次に、「保険の目的」について担当者から説明があります。

 

一般に保険の目的とは、次のことに対処するために検討するものです。

  • 災害にあったとき
  • 万が一のとき
  • 老後
  • 子供の教育費

 

この後に、相談者の希望に基づいて進めていくことになります。

 

 

2.健康診断書があれば持参する。

FP 保険ショップ 健康診断 

 

新たな保険に加入する場合、健康診断書の提出を求められることがあります。

 

会社で定期的に健康診断を受けているならば、最新の健康診断書も持参しておくといいですね。

 

保険によって、加入するために必要な健康診断の項目は異なります。

 

加入したいと思った保険の必要項目が会社の健康診断で網羅されていれば、新たに受診する必要はありません。

 

一つの例ですが、血圧が一定の数値以下である場合には、掛け金が安くなる保険もあります。

 

自分の血圧で割安になる保険会社を探すこともできるわけです。

 

 

3.保険相談の最初に、相談の終了のメドを伝える。

FP 保険ショップ 契約

 

保険ショップで相談する場合、1日目で満足のいく内容にたどり着けることはほとんどありません。

 

通常は数回かかります。

 

例えば、次のような感じです。

 

 

【1回目】
保険ショップの説明と自分が伝えた希望(目的)に関してのとりまとめ作業。

 

【2回目】
自分の希望に沿った商品のピックアップをしてもらい、パンフレットの提示を受ける。

 

この間、相談日までにパンフレットを熟読し、加入したいと思う商品を選択しておく。

 

【3回目】
選択した商品の再相談、決定、および加入手続き。

 

選択した保険に加入申し込んだ後、会社等の健康診断の項目に不足があれば、再度保険ショップに足を運ぶこともあります。

 

前節「健康診断書があれば持参する」の内容から外れたケースになりますが、次のような手続きが追加されることになります。

  • 追加の健康診断
  • 健康診断の修正申告

 

3回目までの例を挙げてみましたが、各回の相談前に相談修了のメドを伝えておくと、既定の時間までに、希望の内容が相談に明確に盛り込まれやすくなります。

 

1回目は初めてで難しいかもしれませんが、2回目から意識してみるといいと思います。

 

3日目だと、「商品の決定、加入までしたい」とか伝えておくといいですね。

 

 

ただ、話が長引き、契約までの時間が少なくなったときは無理せず次の回にしましょう。

 

短い時間で慌てて契約してもよいことはありません。

 

保険ショップ側は契約してもらった方がうれしいですが、契約する側にとっては、確認などの時間が限られてしまいますから。

 

状況に応じて、対応なさってください。

 

まとめ

  • 保険ショップを訪れる前に、目的を具体化しておく。
  • 健康診断書があれば持参する。
  • 保険相談の最初に相談の終了のメドを伝える。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

現役FPレポート!【保険相談】保険ショップの上手な使い方関連ページ

従来型資産運用の限界が見えた!
2016年1月29日は日銀がマイナス金利を発動しました。円安誘導、株価上昇目的の施策と言われていますが、効果は薄れています。アベノミクス以降、右肩上がりを前提にした「買い」の資産運用が全盛でしたが限界が見えてきました。「買い」を続けるか、「売り」の資産運用を身に着けるかで未来は変わってくるでしょう。
FP活用促進!国が中古住宅活用で後押し
総務省から2013年(H25年)までの日本の空き家数と空き家率が発表されています。人口減少が叫ばれて久しいですが、これに伴い空き家もジリジリ増加していることが発表された資料から一目瞭然です。このような状況を緩和すべく国がファイナンシャルプランナー(FP)の活用という対策を打ち出しました。
マイナンバーで副業はバレる?
マイナンバー制度がいよいよスタート!サラリーマンからは副業がバレのが心配という声も。2015年分の確定申告にも絡むため、関係する方にはマイナンバー制度の影響が懸念されます。ただ、実は副業が会社にバレる以前の問題もあったります。ファイナンシャルプランナー(FP)を副業にしている方も注意が必要です。
資産運用は的を射た勉強が重要!
FP2級に合格したからといって、すぐにプロ並みの資産運用ができるかと言ったら、そう甘くはありません。やはり、勉強したことを実戦し、有益情報の仕入先選別なども行う必要がありました。
実務家FPから情報GET!
FP2級試験のために学校に通うケースがありますが、講義を実務家FPの方が行なっているケースがあります。講義中のウラ話、または休憩中に聞ける話は家計にお得な話が多いです。
提案書作成ツールを提供開始!
FP技能士2級(AFP)の受験資格を得るために不可欠な提案書作成。この作成の負担を大幅に軽減し、支援するツールが日本FP協会から公開されました!
年金と未来予想図
FP2級に合格すると、今まで漠然と見たり聞いたりしていた情報が身近に感じられます。年金もその一つ。漠然としていた年金のしくみが見えてくることで自分は未来に必要なお金をどうして行くべきか、知恵が働くようになるでしょう。
長生きリスクは早めの収入源準備が肝心
TVなどで100歳以上の方の活躍を目にする機会が増えました。平均寿命が延び、元気に90歳以上を過ごす人口は確実に増えています。反面、生活していくために必要な年金は人口減と運用過程での目減りリスクを抱えています。また、国民健康保険の出費は増える一方です。これに対処していくために、早い段階から別の収入源の準備を始めましょう。