マイナンバー制度で副業はバレるのか?

マイナンバー制度が施行

2015年10月1日からマイナンバー制度がスタートしました。

 

概要は、次のとおりです。

マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。
  マイナンバーは、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤であり、期待される効果としては、大きく3つあげられます。(以下、略)

引用:内閣官房

上記の期待される3つの効果は次のとおりです。

  1. 公平・公正な社会の実現
  2. 国民の利便性の向上
  3. 行政の効率化

マイナンバーのシステムを導入する企業側からすると負担が増える割に恩恵が少ないと言われています。また、会社で働く個人はマイナンバーを提供することになりますが、企業の情報管理は万全なのかとチェックしていく必要が出てきます。

 

私たちが恩恵を実感できるのは、公的書類の手続きが簡略化される等のことになります。便利なことに注目して対応していきましょう。

 

なお、この制度の施行に伴って必要になるシステム変更に関わる会社は、特需に沸いているそうです。

 

副業で収入が多いなら要注意!

さて、FPもこの制度にはたくさんの関わりが出てきますがネット上での検索ワードを見ると、マイナンバー施行によって副業がバレることを心配する方が多いようです。

 

サラリーマンが副業をした場合、収入から経費を差し引いた所得が20万円以下であれば確定申告は不要ですが、超えてしまうと申告は必須です。

 

副業が勤め先にバレることを心配する方は、勤務先が副業を服務規則等で禁じているのでしょう。

 

副業が会社にバレると、規則違反で解雇などの懲罰対象になっていることが多いですから心配になるのは当然と言えます。

 

ただ、副業がバレるのは勤め先より税務署の方が先になるでしょう。

 

例えば水商売などの副業では、お店は支払い調書に報酬などを支払った相手のマイナンバーを記載して税務署に提出します。

 

このため、副収入を得た人が確定申告しかたどうか特定することが容易になります。

 

確定申告が必要な所得を得たにも関わらず、申告を怠った場合は追徴課税になるので注意しましょう。

 

さて、勤め先に副業がバレるかどうかですが、確定申告で住民税を「自分で納付する」に選択すれば勤め先に納める額面が通知されることはありません。

 

これは今までも同じです。

 

結論

マイナンバーにより副業がバレることを心配するなら、勤め先だけでなく税務署も。

 

参考記事:2015年10月5日朝日新聞

 

マイナンバー制度でファイナンシャルプランナーの副業はバレる?関連ページ

保険ショップの上手な使い方
従来型資産運用の限界が見えた!
2016年1月29日は日銀がマイナス金利を発動しました。円安誘導、株価上昇目的の施策と言われていますが、効果は薄れています。アベノミクス以降、右肩上がりを前提にした「買い」の資産運用が全盛でしたが限界が見えてきました。「買い」を続けるか、「売り」の資産運用を身に着けるかで未来は変わってくるでしょう。
FP活用促進!国が中古住宅活用で後押し
総務省から2013年(H25年)までの日本の空き家数と空き家率が発表されています。人口減少が叫ばれて久しいですが、これに伴い空き家もジリジリ増加していることが発表された資料から一目瞭然です。このような状況を緩和すべく国がファイナンシャルプランナー(FP)の活用という対策を打ち出しました。
資産運用は的を射た勉強が重要!
FP2級に合格したからといって、すぐにプロ並みの資産運用ができるかと言ったら、そう甘くはありません。やはり、勉強したことを実戦し、有益情報の仕入先選別なども行う必要がありました。
実務家FPから情報GET!
FP2級試験のために学校に通うケースがありますが、講義を実務家FPの方が行なっているケースがあります。講義中のウラ話、または休憩中に聞ける話は家計にお得な話が多いです。
提案書作成ツールを提供開始!
FP技能士2級(AFP)の受験資格を得るために不可欠な提案書作成。この作成の負担を大幅に軽減し、支援するツールが日本FP協会から公開されました!
年金と未来予想図
FP2級に合格すると、今まで漠然と見たり聞いたりしていた情報が身近に感じられます。年金もその一つ。漠然としていた年金のしくみが見えてくることで自分は未来に必要なお金をどうして行くべきか、知恵が働くようになるでしょう。
長生きリスクは早めの収入源準備が肝心
TVなどで100歳以上の方の活躍を目にする機会が増えました。平均寿命が延び、元気に90歳以上を過ごす人口は確実に増えています。反面、生活していくために必要な年金は人口減と運用過程での目減りリスクを抱えています。また、国民健康保険の出費は増える一方です。これに対処していくために、早い段階から別の収入源の準備を始めましょう。