FP2級試験合格率の推移2009(H21)〜2017(H29)

当サイトでは、過去7年のFP2級試験の合格率(学科・実技同時合格)を追跡調査しています。以下がその推移をグラフ化したものです(*)。

 

FP2級 合格率
* 参考:日本FP協会
(具体的な数値⇒「2. 学科試験・実技試験同時受検者の試験合格率」)

 

1. 合格率のトレンド分析

2009(H21)年は3回とも合格率は20%台でしたが、H22年から上昇期に入りました。

 

2011(H23)年になり5月に41.54%をを記録して以降の年では、5月または9月のいずれかで40%台を記録していました。

 

その後、H28年まではいずれの試験でも合格率はほぼ横ばいでしたが、H29年1月の合格率が39.36%に急上昇し、初めて同年5月の合格率(36.07%)を上回りました。

 

同年9月の合格率もH21年以降では最高の44.01%を記録しています。

 

5月の合格率が下降傾向にありますが、平均合格率はゆるやかな上昇傾向を示しています。

 

以上のことから、当サイトの独断的な推測ですがH30年も平均合格率は40%前後になるのでは?と推測されます。

 

2. 学科試験・実技試験同時受検者の試験合格率(数値)

2級FP技能検定(資産設計提案業務)
2017(H29)年の場合
2017年1月 2017年5月 2017年9月

39.36%

36.07%

44.01%

2016(H28)年の場合
2016年1月 2016年5月 2016年9月

32.28%

39.25%

37.48%

2015(H27)年の場合
2015年1月 2015年5月 2015年9月

34.84%

40.13%

37.69%

2014(H26)年の場合
2014年1月 2014年5月 2014年9月

32.59%

41.82%

38.71%%

2013(H25)年の場合
2013年1月 2013年5月 2013年9月

30.09%

43.18%

37.48%

2012(H24)年の場合
2012年1月 2012年5月 2012年9月

36.24%

37.01%

42.02%

2011(H23)年の場合
2011年1月 2011年5月 2011年9月

37.06%

41.54%

39.09%

2010(H22)年の場合
2010年1月 2010年5月 2010年9月

24.86%

34.90%

31.20%

2009(H21)年の場合
2009年1月 2009年5月 2009年9月

20.83%

22.29%

28.60%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FP2級試験合格率と難易度の推移2009〜2017関連ページ

2級、3級、AFPの違いは?
2級、3級の試験を比較!
時短効果大!いきなり2級受験
主婦に即役立つFP資格!
ご主人のお給料を大切に使えてますか?ご自分で判断できないから・・・と人に言われるがままにしていると、将来に不安を残します。主婦にとってFPの勉強は、学校で教えてくれなかった人生を最後まで生き抜くための知識が詰まっています!うわべだけの情報に惑わされない、確かな知識で家庭を守りましょう。